ご希望の結婚式場情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

ウェディング用語集

ウェディング用語集 ウェディング用語集

文字サイズ

  • 抱帯
    かかえおび

    抱帯(カカエオビ)

    打掛を着たときに、帯の下の位置に結ぶ細い帯のこと。華やかな色柄の錦や縮緬、紋綸子などを素材とし、掛下帯に付随した細い平ぐけ帯を指す。幅6〜8cm、長さ2m70cm程度の帯で、掛下帯の上やお色直しの丸帯の上に左後方で蝶々結びにする。江戸時代には、着物の丈を調整するためのものだったが、のちに腰紐の代わりとなり、今では婚礼衣装の装飾となっている。帯締めには丸ぐけを使うのが正式で、黒振り袖のお引きや七五三の祝着には、しごきが用いられる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の結婚式場を検索できます。

ページ
トップへ
ページトップへ