ご希望の結婚式場情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

ウェディング用語集

ウェディング用語集 ウェディング用語集

文字サイズ

  • 紋付羽織袴
    もんつきはおりはかま

    紋付羽織袴(モンツキハオリハカマ)

    男性の和装の第一礼装で、結納や結婚式、葬式など冠婚葬祭の際に着用する。「紋付」と略して使うこともある。羽織袴は武家の普段着で、江戸時代には紋が付いた羽織袴が下級武士や町民の間で礼服とされた。明治維新のときにそれまでの礼装だった裃(かみしも)が廃止され、紋付羽織袴が男子の第一種礼装として定められ、やがて一般の礼服として広まった。正式には、羽織は黒染めで長着と共に背中と両袖、両胸に染め抜きの紋がある。袴は黒か茶の縦縞柄となる。羽織紐、足袋、末広は白に統一する。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の結婚式場を検索できます。

ページ
トップへ
ページトップへ